【能率手帳】そのままの名称の方が良いのに


5月22日付の時事通信での記事に、信じられない話があった。


元々ビジネスマン向けの手帳である「能率手帳」の名称を、若い方にも使ってもらえるよう「NOLTY(ノルティ)」に変更するのを決定したというのだ。(2014年版から対象とか。)


まことに信じがたい話である。


最大のターゲットは20〜30歳代といわれるが、この世代の場合はスマートホンなどの電子手帳などで管理している方が多いようなので、攻略はどうか否か。


「能率手帳」の名称のままだと、不都合が有るのだろか。


正直なところ、(?)である。


主な利用者である40歳代以上の方に意見を聞いては良かったかも。



情報リンク集



ここは記事下のフリースペースです